顔の脂肪吸引で凸凹や脂肪の取り残し

もし顔の脂肪吸引で失敗して脂肪の取り残しがあれば、顔には凹凸ができたり外出できない見た目になったりと悲惨な状況になります。

顔以外の部分ならまだ服で隠すこともできますが、顔の脂肪吸引で失敗してしまえばどうしようもないのです。

脂肪吸引は楽して脂肪を取れる、楽して痩せられるというイメージだけが先行している手術ではないでしょうか。

しかし、脂肪吸引をしてもそれほど大幅に脂肪を除去できるものではないし、人工的に脂肪を除去するので術後の凹凸残りは避けられません。

目で見て確認できるレベルであるのか、または目で見て確認できないレベルであるのか。そういった差はありますが、人間が行うものなので必ず脂肪の取り残しは発生します。

いかに極限まで脂肪の取り残しを少なくするのか。これを左右する要素はやはりクリニック選びと医師の技術レベルです。

では、不運にも顔の脂肪の取り残しが発生したらどう対処すればよいのか?

脂肪の取り残しの修正手術にはかなり高度な技術レベルが必要です。そして、脂肪吸引の高度な技術レベルを持つクリニックや医師は国内ではそれほど多くありません。

顔の脂肪の取り残しでできた凸凹を修正しようと再手術を受け、さらにもっとひどく凹凸ができたりする事例もあります。

このような失敗を避けるためにも、再手術を受ける際にはよほど慎重にクリニック選びをしなければなりません。

最近の脂肪吸引技術は過去と比べれば進歩しています。100%医師の技術レベルに左右されていたものが、最新の機器を使用することで医師の技術レベルを補うことも可能になっています。

そういった観点から、最新の機器を導入しているかどうかも考慮すべき要素の1つです。