ジョギングのダイエット効果は20分後から?

ジョギングが続かない主な原因は、ダイエット効果を得るためには20分以上走らないといけない、という固定観念ではないでしょうか。

有酸素運動で脂肪が燃焼し始めるのが20分後以降と言われているからです。

では、ジョギングを10分だけした場合、ダイエット効果は全くないのでしょうか。あるいは多少の効果はあるけど、ほとんど脂肪が燃焼しないレベルといった程度の効果なのでしょうか。

科学的な観点から真実を言うと、1分でもジョギングすればダイエット効果はあります。1分走った場合、20分走る場合に比べてダイエット効果が20分の1になるだけです。

しかし言い換えれば、1分走れば1分走っただけの効果は間違いなく得られるという事実です。

なぜ有酸素運動は20分以上継続しないと脂肪が燃焼しないと言われるのか、の理由を言えば、有酸素運動を開始して20分後以降は体脂肪を運動エネルギーとして使い始めるからです。

20分以前、言い換えれば有酸素運動開始後1分から19分までは、筋肉内に蓄えられているブドウ糖(グリコーゲン)をエネルギー源として使用します。

体内にある体脂肪もブドウ糖もどちらも同じエネルギー源です。そして、食べることで食品からカロリーを摂取すれば、体内へ体脂肪かブドウ糖のどちらかの形で蓄えられます。

ブドウ糖として貯蔵しきれないカロリーが体脂肪として蓄えられます。

ジョギングを15分だけすれば体内のブドウ糖を優先的に消費し、ジョギングを20分以上すれば20分後以降は体脂肪を優先的に消費します。

そして、次の食事では体内にブドウ糖が足りていなければブドウ糖として蓄え、ブドウ糖が十分に蓄えられていれば体脂肪として蓄えます。

ダイエット効果を決定する唯一の要素は消費カロリーです。ジョギングを20分以上すれば20分未満の場合より1分当たり余分にカロリーが消費されるわけではありません。

もし1分のジョギングで6kcal消費されるとすれば、20分のジョギングは単純に20倍のカロリー、120kcal消費されます。それ以上でもそれ以下でもありません。

ジョギングをするなら20分以上走らないとダイエット効果が少ない、などと考える必要は全くないのです。