ヨーグルトダイエットって効果がある?

ヨーグルトダイエットの効果は主に便秘を解消することです。例えば便秘に困ってない人がヨーグルトダイエットをした場合、それほど効果を実感できないと思います。

基本的にヨーグルトを食べたからと言って代謝が上がるとか、そういった特別な効果はありません。食事をヨーグルトと置き換える置き換えダイエットをした場合、摂取カロリーを制限することでその分だけ痩せるという効果はあります。

あと、ヨーグルトでダイエット効果があるとよく言われているのが、ヨーグルトに含まれるカルシウムが脂肪の吸収を抑えるというものです。

しかし、カルシウムは骨を作る材料として骨粗しょう症を防ぐ効果はあっても、脂肪の吸収を抑えるような効果は科学的に考えてあり得ません。

よって、ヨーグルトを置き換えダイエットに利用すれば痩せるけど、普段の食事に追加したり間食として食べる場合はヨーグルトの摂取カロリー分だけ太ると言えます。

また、ホットヨーグルトについて書いておきます。

ヨットヨーグルトダイエットというものがありますが、これはヨーグルトを温めて食べるというダイエット方法です。

ホットヨーグルトダイエットで痩せると言われる理由は、冷たいものを食べすぎると内臓を冷やして脂肪が蓄えられやすくなるため、それを防ぐために温めて食べようというものです。

誰が思い付いたのかわかりませんが、食品は冷たい状態で食べても温かい状態で食べても吸収率は同じです。脂肪の吸収率はなおさら変化なしです。

さらにヨーグルト自体がダイエットになりませんから(特別な効果もないし食べた分だけ余計にカロリーを摂取して太るだけだから)、吸収率が高くても低くてもダイエットに役立たないのは同じことです。