炭水化物が大好きで太った。玄米食ダイエットの結果…

炭水化物が大好きなのでとにかく食べ過ぎることが多くて気がつくと太ってしまっていた自分に悩んでいました。

白米ならばGI値が高いので玄米だとGI値も低いということから同じ炭水化物であっても体重の増加は少ないのでは?と考えたのです。

どうしても3食のうち3食ともに炭水化物をたっぷりと食べないとストレスが溜まってしまう感じがしてなかなかやめられなかったのが最大の悩みでもありました。

炭水化物以外は何を食べてもそんなにおいしくなくって好んで食べられなかったのです。

おいしい白米が大好きだったのでなかなかやめられず結果太っていったので、どうしたらよいものかと悩んで日々を過ごしていたのです。

白米よりも玄米の方が消化吸収も遅くて満足感が少量でも得られると思ったから玄米食ダイエットを始めました。

白米だとふんわりやわらかいのでついつい食べ過ぎてしまいがちですが、玄米だとしっかりと噛まないとなかなか飲みこめないのでゆっくりと時間をかけて少量のごはんを食べることになるので結果的にはダイエット成功へとつながるのではないかと考えました。

たっぷりと圧力鍋で玄米ごはんを炊きあげておき、一食分150gずつを小分けにしてから冷凍保存をして3食しっかりと噛んで食べダイエットに励みました。

もちろんダイエット期間中は間食は禁止でしっかりと玄米を食べることで満腹感が得られるのでダイエット生活をしていました。

玄米を食べることでしっかりと噛んで食べていて満腹感もあったのですが、結果的には1か月間ずっと試したのですが何故だか体重の減少は見られませんでした。

おかずを普段よりも多く食べてしまったのかもしれませんが、結果的には何の変化も見られませんでした。

逆に太ってしまうということもなく現状維持という感じだったので体重の維持方法としては向いているのかもしれません。

白米も玄米も結果的には同じカロリーっぽいので失敗したのかな~と感じます。

現状維持にはもってこいの方法ではありますが、ダイエット目標で体重を減少させるためには不向きなようで失敗となってしまったのだと思います。

頑固な便秘症で悩んでいたのですが、玄米食にすることですっきり快調となっていったので便秘解消の面ではとっても良い方法だと思います。

便秘は解消するけれども体重の減少はしてくれないので、味わい的には白米の方が上なのでどちらを選ぶと良いのかがわからなくなってしまうダイエット法なのかもしれません。

圧力鍋で慎重に玄米を炊く練習も重ねて玄米にあうおかず作りもマスターしたのにもかかわらず結果的にはダイエットが成功しなかったのはとっても残念でなりません。

結果的には玄米よりも白米の方がおいしいのではないかという思いが自分の中でどんどんと膨らんできてしまって、体重の減少もないのなら元に戻そうかと検討している自分自身が悲しい感じです。

K.Iさん(30代/165cm/主婦/山口県)