リエータで最初はおもしろい程に体重が減ったけど…

H.Rさん(20代/151cm/会社員/大阪府)

小さい頃はぶーちゃんと呼ばれていました。年頃になりだんだんとダイエットを意識ししました。

いじられるようなキャラではないため、デブとは言われないものの、ぽっちゃりしてるね。と言われるようになりました。

買い物が好きですが、スキニーを履きお尻や太ももの隠れるくらいのトップスを着るなど隠すための服しか着れず、冬はブーツや、少しでも細く見せる為にタイツを履いたりお洒落をする為ではなく、隠す為に服を着ている状態でした。

足が細くなれば・・・お尻が小さくなれば・・・腕が細くなればば・・・顔がほっそりすれば・・・・と思うだけでダイエットも成功せず、ずっと憧れで終わっていました。

やはり痩せたいという気持ちがあり、ご飯を減らすダイエットや走ってみたり、歩いてみたりなどしましたが3日以上続いたことがありませんでした。

プチ断食を始めようと思い1日水分のみで過ごしました。

翌日は少しづつおかゆやスープから始め、だんだん普通の食事に戻していきました。しかしリバウンドで結局数週間後には元の体重に戻っていました。

食べているときが幸せ。食べた後は後悔。そんな繰り返しをしていて見つけたのが置き換えダイエットのリエータでした。

大きなストアなどでは置いている確率が高いので続けられる。と単純な考えではじめました。

リエータを始めてみて、味も嫌いではなく、私は飲みやすいと感じました。

平日は夜ご飯の1食を置き換え、休日は朝と夜を2食置き換えてました。

友人との外食以外は半年程続けておりました。最初はおもしろい程に体重が減っていき、5キロから全く減らなくなりました。同じ生活をしているのに増えることも度々ありました。

少しでも外食が増え、飲む機会が増えると体重も増えます。増えた体重を戻すのに、また時間がかかります。そんな繰り返しで一定の体重から変わることがなくなりました。

栄養が取れるようですが、やはり普通の整った食事よりはストレスも肌荒れも起きます。

私の場合ダイエットでのストレスは甘いものを欲します。その点を補える、ということであればリエータは良いと思います。

味も様々ありますので、気分によって変えれるので飽きはこない味です。甘いもを欲すると様々な味があり満たされましたが、甘いものの後はしょっぱいものが食べたくなるのはなぜでしょう。

塩を舐めても、ただ喉が乾くだけなので甘い気分じゃないな。ということや飲んだ後の辛いもの食べたい衝動が辛かったです。

結局、甘いものの後に辛いものが食べたいという衝動に勝てず、時々リエータの後にご飯も食べることもしばしばあり痩せたというより、浮腫みが少しなくなった程度。

お尻や太ももを隠す服を未だに着ています。想像では、今頃ショートパンツを履き颯爽と
街を歩いていたはずですが・・・

夏を楽しめる体になるにはまだまだ時間がかかりそうです。