おからクッキーに三週間ほど置き換えて体重の変化は微々たるもの

I.Aさん(20代/162cm/学生/埼玉県)

高校時代、周りの女の子たちが短いスカートを履いて、ぴったりとした服を着ているのがいつもうらやましくて、自分もあんな服を着たいなと思っていました。

でも自分のぽっこりしたお腹や太い脚をみるたびに、わたしはダメだと思って、結局は好きだった人に告白もできませんでした。

でも、わたしも痩せて、楽しい高校生活を送ろう!と思い、食事制限をメインに、朝のジョギングなどを始めました。でもそれも一週間くらいで辛くなってきました。

夜中に空腹で目が覚めて、冷蔵庫を開ける日々。体重も期待してたほど減らなくて、ついに諦めてしまいました。

それでも、ダイエットをしたい意志だけはあって、ダイエットをしていた知り合いのおすすめで、腹持ちがよく、食事制限にぴったりというおからクッキーを購入しました。

届いてすぐに袋を開けて、その日から始めました。昼はしっかり食べて、朝と夜の食事を減らし、その分をおからクッキーに置き換えました。

三週間ほどして、体重を量ってみたのですが、その変化は微々たるもので、努力したほどの効果はありませんでした。

周りにもダイエットしているのに、見た目に出ないという厳しいコメントまでもらってしまいました。

ですが、おからクッキーを始めてから、便通は良くなり、お菓子の量も減っていました。

味は抹茶、ココア、黒ごま、プレーンなど、飽きないフレーバーになっていて、飽きずに続けることができます。

これが、味だけに満足すると、ただのクッキーになってしまうので、結局は食べ過ぎて一週間分を二日で食べ切ったりするのもしばしばでした。

おからとはいえ、カロリーがあるので、本末転倒な結果になりました。おからクッキーを食べなくなってから、結構たちますが、いまだにわたしの体型はあいかわらずです。

短いスカートも履けないので、体を覆い隠すダボダボした服しか買っていません。

夏なんて暑いのに、脚や腕を出すのが恥ずかしいです。せっかくダイエットをがんばろうと思った意志も、最近は消えつつあります。